It's a SportsWorld

藤原組長の「池原ダム」「七色ダム」フィッシングガイドブリーフィング

千葉県からお越しの「小森さん・鈴木さん」を池原ダムでガイド

長かった梅雨もようやく明け、暑い夏がやってきました。連日30℃を超す猛暑で、釣りどころではない感じなのですが、そこはまあ大好きなバスフィッシングなので、暑くても楽しむ!ってところです。

さて、今回はその夏真っ盛りの中、はるばる千葉県からお越しいただいた、小森さんと鈴木さんを池原ダムへご案内してきました。

比較的涼しい朝一や夕方レンタルボートの帰船間際などはバスの反応もそこそこいいのですが、いかんせん真昼間の非常に暑い時間帯は正直厳しい・・・それに付け加えて、今年の池原ダムの水位は例年になく高く、それに比例して非常にクリアーな状態になっています。具体的に備後筋、坂本筋では、6から7mほどの透明度があり、釣果情報欄でも連日お伝えしているとおり、まさにスーパークリアーな状態です。

こうなれば必然的にバスも深いレンジに落ちており、ベイトタックルでのテキサスリグなどを送り込んでも強すぎて反応してくれません。だから、ライトリグをディープレンジに送り込んでやる必要があり、やや難しい展開になっているというわけです。

池原ダムでガイドともあれ、最近皆さんがあまりやらなくなった、スプリットショットリグをメインに、最初から深いレンジは雲をつかむようで難しいので、ある程度の水深から感覚をつかみつつやっていただきました。

幸先よくお2人とも初池原バスをキャッチ!サイズは正直小型ですが、バイトの感覚などは大丈夫な様子。そこから徐々にディープへと移行していくのですが、やはり感触が取れないのか、なかなかバスもバイトしてくれません。

家原ダムで幸先よくキャッチさらに、天気も絶好調で、じりじり音がしているのでは?と思うくらい。こうなれば人のほうがギブアップ寸前なので、午後からは白川放水口にへばりつくことにしました。
でている水量も多いのでマイナスイオンもいっぱい^^真夏の真昼間はここしかないですかね?

もちろんバスも多く入ってきており、ウロウロしています。あとはタイミングだけ!釣り方もスプリットショットリグなんかよりは、スモールラバージグなどアピール力もありつつ、フワフワするもののほうがいいようで、小森さんは自作のスモラバできっちりバスをキャッチ!

初池原バスをキャッチ放水口周辺は流木も多く溜まっているので、この下にもたくさんバスがいます。ちょっと攻めにくいですが、そこはパワーフィネスの出番で、PEラインを放水口の流れに乗せ、上手く流木溜まりの下にライトリグを送り込んでやることで、バイトを得ることが可能です。
PEラインは細く強いので、流木溜まりのかなり奥で掛けたとしても引きずり出すことが可能なので、まさにうってつけ!バリバスのパワーフィネスPEラインは今までのものよりさらに細く強くなっているので、最高です!
一度使ってみてはいかがでしょうか?

ただし!一つだけ気をつけなければならないのは、できればロッドもパワーフィネス用を使ったほうがいいということ!僕は、UFMウエダ・Pro4EX HLS−64Sハイパーシルフを使わせていただいていますが、ブランクスもPEラインを使う前提でセッティングしてあるので、スピニングタックルでもベイト並に丈夫になっています。

まあ、なぜ専用のもののほうがいいかといいますと、例えば、4ポンドテストMAXのスピニングにPE使うとやり取りによっては下手をすると折れてしまいます。PEラインがいくら細いといっても、フロロカーボン4ポンドくらいの太さで、12ポンドくらいはありますので、ラインのほうが強すぎちゃうわけです。少々のオーバーは大丈夫ですが、4ポンドMAXに12ポンドはオーバーしすぎですね。

ラインの適合表示は何も適当につけてあるわけではないので、皆さんも一度ある程度合わせて使ってみてください。それにそのほうが使いやすいと思いますよ。

組長こと藤原 秀揮

ガイド:藤原 秀樹(ふじわら ひでき)

元海上自衛官で艦船乗り。リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたる。
「バスフライサーフェイスシステム」 をはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドで、楽しいゲームフィッシングを皆様にプロデュース中。

バックナンバー