It's a SportsWorld

藤原組長の「池原ダム」「七色ダム」フィッシングガイドブリーフィング

三重県からお越しの「伊藤さんご夫婦」を七色ダムでガイド

バスフィッシングをするのは数年ぶりという、三重県からお越しの伊藤さんご夫婦を七色ダムにご案内してきました。もちろんボートからの釣りもかなり久々で、十数年ぶりにきた七色ダムでしたが、またちがった新鮮味を感じられていました。

さて、ともあれ、タックル等の準備をし、ずいぶん前に陸っぱりでしか来たことのない七色ダムの広さを体感していただくため、まずは大叉筋との合流まで一気に。

ワッキーリグでとりあえずアベレージをキャッチ朝一、シェード側の立木に浮いてるであろう?良型をトップで狙ってみるものの、アベレージサイズの1チェイスのみだったので、狙い方を変え、立木の中層から根元付近をヤミィとフリックシェイクのドロップショットワッキーで狙うが・・・

確かにこれでバイトはあるものの、端っこをくわえて”ヌゥ〜”っとひっぱるだけって感じで、肝心のフックポイントを食ってくれません。徐々に上流に移動しながら、フォールスピードをゆっくりさせるため、ワッキーリグに変えてようやくフックポイントをガッチリくわえて、とりあえずアベレージをキャッチです。

キャスティング動作のスタート位置からレクチャー奥様はといいますと、スピニングタックルのキャストにちょっと癖がついていらっしゃったので、キャスティング動作のスタート位置からレクチャーしうまく投げれるように修正しました。

すると、まだ、全てのキャストがうまくいくわけではありませんが、今までとは格段に違いが出てきて、ピンにもキャストが決まるようになり、バスフィッシングのもう一つの楽しみを見つけていただけました。

まあ、ちょっとしたアドバイスやレクチャーで格段に違いが出るものなのです。これを自己流にやっているとどうしても克服できなかったり、時間がかかったりしますので、ガイドの時に単にバスを釣るだけでなく、こんなところも習得すると次につながると思いますよ。

七色ダムのアベレージをキャッチこんな展開でやりつつ、午後からは北山川最上流の池郷川導水口付近にて狙いましたが、実はここみんな導水口というこれ見よがしなポイントがあるため、ここを中心に攻めます。もちろん良型も含めバスは少なからずなのですが、いかんせん入れ替わり立ち代りなもので、バスもかなりスレています。これが台風後の増水した状況であればOKなのですが、普段は朝一や夕方のみ・・・では?どこを攻めるかというと、導水口の反対側、つまり対岸なんです。

一見何もなさそうに思いますが、正直、何もありません^^
というとみもふたもないので、種を明かすと、ここには七色特有の細かい流木やゴミがたまりやすいのです。さらに、導水口からの流れと、平日であればダムの放水等で結構なカレントが生じます。

流木の下についているバスがカレントが生じた瞬間、スイッチON状態になり、そこに投げると釣れるという仕組みになっています。もちろんサイズはともあれ、奥様はここでヤミィのワッキーリグで連発したことはいうまでもありません。

さらに、たまに出品されているオークションか、スポーツワールド・ミニショップでしか買えない、ピパピパでもバイトが連発!バスが小さいのか?なかなかフックアップには至りませんでしたが、伊藤さん本人は地元の野池で使えるから!とおもいきりバイトしてました。

これを機に、またバスフィッシングも楽しんでください!

組長こと藤原 秀揮

ガイド:藤原 秀樹(ふじわら ひでき)

元海上自衛官で艦船乗り。リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたる。
「バスフライサーフェイスシステム」 をはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドで、楽しいゲームフィッシングを皆様にプロデュース中。

バックナンバー