It's a SportsWorld

藤原組長の「池原ダム」「七色ダム」フィッシングガイドブリーフィング

レイクトローリング解禁!今シーズンは好スタート!

皆さんこんにちは。“組長”でございます。ガイドブリーフィングも久々の更新で、期待していていただいている読者の皆さんに申し訳ない限りです。まあ、言い訳なのですが、昨シーズンは思いのほかバスの調子が悪く、何かこう?つかみ所のないシーズンでした。バスフライでも、何度か超でかバスを掛けてはいるのですが、切られたぁ〜〜とか、バレちゃったぁ〜〜〜とか、もう何かにとり憑かれてるんじゃないだろかとも思ったくらいです。と、なにかのせいにしておこう。

ともあれ、今年はお正月に実家のある岡山の最上稲荷にもお参りに行ったし、今月中には、那智大社にもお参りに行く予定なので、大丈夫でしょう。とまあ、他力本願寺ぶりを発揮しといて、新たな気持ちで頑張りましょう!えっ!他力本願って本来の意味違うって?ええの!ええのっ!溺れるものはわらをも掴む!苦しい時の神頼み!って言うでしょ!って、もうすでに意味不明です。

さて、気を取り直して。去る3月1日、池原、七色ダムがある下北山村にて渓流のアマゴが解禁になったと同時に、ダム湖内でのノボリ(サツキマス)も堂々の解禁となりました。

レイクトローリングシーズン到来早速、レイクトローリングの常連、大阪の新澤氏からガイドの連絡があり、3月3日、池原に出撃してきましたので、レポートしてみたいと思います。関西圏ではなじみのあまりないレイクトローリングですが、詳しく知りたい方は、まず、釣具のインターネットショップ 『リバース』 のホームページに私目が書いた 『藤原組長のフィッシング講座』 があるので、そちらをご参照くだされ!

その上で、さらに興味をもたれた方は何はともあれ、実際にガイド釣行することをお勧めします。タックル等の心配はご無用!こちらにあるので、それを使っていただいてOK!さらに、ガイド釣行ではまった方は、タックルのご購入はぜひ、「リバース」で!そのときなくても必ず入荷してくれるので!「リバース」で!なっ!博士!入れてくれるよな!

シーズン初のレイクトローリングも好調な滑り出しさてさて、一連の地盤固めはいいとして、シーズン初のレイクトローリングに出たわけですが、今年は暖冬で、水温も例年になく高く、10℃前後から下がることはありませんでした。このためノボリたちも元気一杯で、池原ダムのとあるエリアでは、終日ワカサギの群れにボイルっぱなし。バス釣りしててキャスティングで、5尾釣っちゃったくらいです。

こんな状況でしたので、トローリングでも良くないわけがありませんよね!とは言ったものの、実際に引っ張ってみないことには何もいえないので、ドキドキしながら始めました。

美しいひれピンのノボリGETやはり!期待通りです!流して早々に、新澤氏のロッドにアタリが。すんなりよってくるものの、30cm弱の本命、ひれピンの美しいノボリです。その後はヒットの連続で、レッドコアライン2色で、まさに入れ掛り。流し掛りっていうんかなぁ?それとも、引き掛りかなぁ?はたまた、ピアノで歌いながら・・・それは、引き語り!まあ、何でもいいや!釣れりゃあ・・・

と、そうこうしているうちに、新澤氏のロッドに今までにない大きなアタリが!10ft10inのスーパーパルサーがグイグイ曲がり、ドラグもジリジリ・・・未体験の引きを堪能しつつ慎重に寄せてきて、最後の突っ込みもかわし、ようやくネットイン!魚体の大きさに興奮しながら計測すると、なんと!自己記録を8cmもオーバーする47cmのビッグノボリをキャッチ!また、体高あるボディーはかっこいい!の一言!とりあえずは、苦節4シーズン目にしてようやく40cmオーバーをキャッチしていただきました。

スーパーパルサーが曲がる途中昼休憩をはさみ、午後からもヒットの連続で、今度は僕のロッドにもいいアタリが!きました!きましたぁ!僕のスーパーパルサーも曲がる曲がる!何とかネットにおさまったノボリもこれまた、47cmのデカサイズ!1日で、47cmが2尾なんてそうあるものじゃありません。

ちなみに、それぞれのビッグワンのヒットルアーは、新澤氏がメーカー不明のアワビシートを張った7gのスプーン。僕は、ジャッカル・タイニーフライ38でした。他にも、5cmクラスのミノーやアブ・トビー7gにもヒットがあり、平均どのルアーにもいい反応がありました。

今シーズンは幸先いい感じでスタートできたばかりでなく、この時期子のサイズが釣れるということは、ハイシーズンの5月、6月には難しいとされる50オーバーも顔を出すかもしれません。皆さん!夢の50アップを狙ってみてはいかがですか?

 

組長こと藤原 秀揮

ガイド:藤原 秀樹(ふじわら ひでき)

元海上自衛官で艦船乗り。リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたる。
「バスフライサーフェイスシステム」 をはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドで、楽しいゲームフィッシングを皆様にプロデュース中。

バックナンバー