It's a SportsWorld

熊野灘・熊野川でノボリ(サツキマス)や、熊野古道(熊野街道)の散策など、アウトドア「浜松オヤジ」のよもやま話

熊野灘は大サバで沸いていた

狙いは大サバ。夏の終わりの熊野灘はでっかいシイラが姿を消す。でも、うまくしたもので、でっかい丸太のような沖サワラが釣れるし、背中の青い魚も回りだす。

さらに、赤い美味しい魚や、背中が茶色で腹が白い平べったい特別に美味しい魚も釣れるから楽しみだ。

先日も組長が釣果情報で紹介したけど、改めて夏の終わりの熊野灘ルアーフィッシングを報告します。

熊野灘は大サバで沸いていた8月初めイワシが熊野灘に大挙来襲し、大サバがウハウハ大騒ぎした。その後、台風10号、11号の影響で大サバが姿を消し、代わりに小サバが熊野の海にやってきた。

それでも、イワシがまだ居付いているので、それを狙った魚が色々と回ってくるはずなので、慌てることはない。
海のおさまるのを待って、商売敵のスタッフ大ちゃんと組長、そしてオヤジの3人でボートを出した。
狙いは勿論大サバで、サバの煮込み、塩焼き、刺身とお楽しみは多彩。すでに近所の居酒屋さんからも予約済みで、大きなアイスボックスを用意。

身内の坂口哲平は前回船酔い寸前。ゲロの寸止めで、海の波に弱点があるのを暴露したから、今回はお店番。そういえば、四日市でガイドをしているベテラン釣り師小森君も船酔いの常連だったから、まあ、努力次第だがら、哲平ちゃん頑張って。

オヤジのたくましい腕ほどあるから頼もしいさて、熊野灘は大サバで沸いていた。前回より更にボリュ−ムアップした大サバは、オヤジのたくましい腕ほどあるから頼もしい。

海のルアーフィッシング初挑戦の大ちゃんは、バスタックルで大サバをヒットさせヒャーヒャー大騒ぎ。あまり簡単に釣れると、サイズがいまいち・・なんてわざと船べりでバラスからなんとも贅沢な話だ。

しっかりお土産をキープした後、今度は色の違う魚を釣ろうと、阿田和沖に移動。潮目で結構いいサイズのシイラを発見したけど、シイラはもういいから色の違う魚を求めて阿田和沖。

で、虫食い模様のない背中の青い、側線沿いに黄色のラインのお魚をゲット。更に、ななんと、赤いかがジグに食いついた。実は赤いかを釣ったのは2度目。勿論キープ。

サバは釣ってすぐ首を折り血抜きし、エラ、内臓を引き抜いて、氷と海水半々のアイスボックスに入れ丁重に水揚げされた。

熊野灘の首折サバ。結構いけますよ。皆さんも一度いかがですか。

おやじこと浜松 光

ガイド:浜松 光(はままつ ひかる)

かつて、かの文豪(故)開高健氏にワームの達人とまで言わせた、スポーツワールドご意見番。紀伊半島のゲームフィッシングに精通し、熊野川のノボリ&シーバスガイドと熊野灘のソルトウォーターフィッシングガイドを担当する。また熊野古道語り部ガイドとしても活動し、総合的なアウトドア活動を皆様にプロデュースしている。

バックナンバー