It's a SportsWorld

熊野灘・熊野川でノボリ(サツキマス)や、熊野古道(熊野街道)の散策など、アウトドア「浜松オヤジ」のよもやま話

その状況に応じた釣りを組み立てるには経験が必要だ

このゴールデンウイーク期間中、川舟下りの船頭で何度か熊野川を下った。熊野川にはノボリを狙って多くのルアー・フライマンが流れに立っていたが、中には今まで見られなかったアユ釣り竿のような長竿で餌釣りをしている釣り師の姿もチラホラあった。これも、熊野川のノボリがメジャーターゲットになったと言う事だろう。

熊野川のノボリがメジャーターゲットになったと言う事だろう

果たして釣果の方はどうだったんだろう?勿論、憧れのノボリを手にした幸運な人もいるはずだが、浜松オヤジの見た限りでは、おそらくほとんどがオデコだったはずだ。

その理由は、この期間中上流のイカダ下りの観光放水が若干あったものの、発電放水がないうえ好天続きで、超クリアーで渇水気味。こうなると魚からは釣り人は丸見えで、ポイントは限られる。ところが、ほとんどの人がポイントを外して立ち込んでいたからだ。

岸から流れを見るのと違い、舟から見ると魚の有無や動き、みお筋や川底の状態など色々な情報が得られる。

渇水と言っても熊野川の流れは広く大きい。例えば、岸から見て、よさそうに見えてはいるが、川底には変化がなく、その下流はチャラ瀬となり水量が細る。上流を目指すノボリは、このチャラ瀬を迂回しみお筋に迂回し上流を目指す。従って、魚のいない所で釣りをしていることになる。これではヒットの確率は大きく落ちる。

増水と渇水でポイントは大きく変わる。初めて流れに立つ人にはその変化とポイントが読めないのは無理もない。アドバイスするとすれば、何度も熊野川に通い、その状況に応じた釣りを組み立てる。その経験がヒットにつながる大きなポイントだ。

もう少し時間と手間を短縮してノボリと出会いたい時は、勿論、オヤジのリバーガイドを依頼するのが最良だ。川舟船頭でつちかった川の知識と、釣りのキャリアはノボリへの最短の近道だ。ボートを使ったガイドは確実に3倍のヒットチャンスを生む。

チャンスは梅雨の明ける頃まで。これからはトップウォーターの釣りが面白くなる。

おやじこと浜松 光

ガイド:浜松 光(はままつ ひかる)

かつて、かの文豪(故)開高健氏にワームの達人とまで言わせた、スポーツワールドご意見番。紀伊半島のゲームフィッシングに精通し、熊野川のノボリ&シーバスガイドと熊野灘のソルトウォーターフィッシングガイドを担当する。また熊野古道語り部ガイドとしても活動し、総合的なアウトドア活動を皆様にプロデュースしている。

バックナンバー