It's a SportsWorld

熊野灘・熊野川でノボリ(サツキマス)や、熊野古道(熊野街道)の散策など、アウトドア「浜松オヤジ」のよもやま話

自然の中を走る、国道169号線

5メートル間で近づき記念写真を数枚
夏のある日、本宮から池原に戻る169号線山中で仔鹿と出会った。

別に珍しくもなかったが、何気なく車を止め様子を見たが、別に逃げ出す様子もない。
今の季節だと母親と一緒のはずなのだが、どうやら母親とはぐれたのか、母親の姿はなかった。

ふと、いたずら心でどこまで近寄れるか、カメラを手に仔鹿に近づいてみた。
仔鹿との距離は車の反対車線側十数メートル。
ところが、静かに近づくと、顔をあげ何度かこちらの様子を見るものの、一向に逃げ出す気配はない。

R169の橋に取り付けられているユニークな飾り、プーさん
キツネの飾り
プーさんとキツネはR169の橋に取り付けられているユニークな飾り。つまり、そんな自然の中を国道が走っていると言うことだろう。
結局、5メートル間で近づき記念写真を数枚。

さすがにこの距離以上は近づけなかったが、こんな体験は初めて。お母さんはどうしたのだろうと気になりつつも仔鹿と別れた。

翌日の夜も同じ道でこの仔鹿に会った。
この夜は満月で野生動物が騒いだのか、その他に10匹の親子鹿、雄鹿、珍しいところで親子の日本カモシカにも出会った。

車は2台しか出合ってないのに、野生動物の数の方が多いのだから、いかに大変な所を走っているのか分かっていただけるだろう。

おやじこと浜松 光

ガイド:浜松 光(はままつ ひかる)

かつて、かの文豪(故)開高健氏にワームの達人とまで言わせた、スポーツワールドご意見番。紀伊半島のゲームフィッシングに精通し、熊野川のノボリ&シーバスガイドと熊野灘のソルトウォーターフィッシングガイドを担当する。また熊野古道語り部ガイドとしても活動し、総合的なアウトドア活動を皆様にプロデュースしている。

バックナンバー