It's a SportsWorld

熊野灘・熊野川でノボリ(サツキマス)や、熊野古道(熊野街道)の散策など、アウトドア「浜松オヤジ」のよもやま話

熊野灘トップでブリ

ブリのナブラにトップをセットする今日この頃美味しい鍋の具調達メインの年末年始。美味しい上にそこそこのグッドサイズが顔を出し、それはそれで楽しい釣りだった。
それでも、ブリのナブラが湧き出してからは、底物用のタックルに交じり必ずペンシルかポッパーをセットする今日この頃。

1月初め午後4時を回った頃突然鳥が集まりだし、ボートの目と鼻の先でブリのボイルが始まった。
勿論、この日のために用意していた必殺トビペンシルをボイルめがけてキャスト。3投目にフックアップ。念願のブリのトップウォーターゲームの始まりだ。

が・・・・・数分のファイトであえなくバラシ。

2度目の遭遇も底物狙い中に突然やってきた。
ところが、鳥山は立つがボイルが起きない。そのままインチクを続けているといきなりブリが来た。が、ラインブレイク。結局、この日は3度ヒットしたが全てバラシてしまった。

90cm8Kgのブリ君3度目は本気のブリ狙いで鳥山を追う。
午後4時。双眼鏡で陸から鳥山を追っていたカワカミマリンのカミちゃんから携帯に情報が入り、指示されるまま大きく移動しブリの大ナブラに遭遇。ボートの回りが一面ブリナブラで、こっちもパニック。
でも、今度こそ気を静め確実にフックアップ。10分程ファイトしたブリ君はしっかりギャフを打たれギブアップ。
思わず大きな声で、”とったぞ〜っ!”と叫んでいた。
908Kgのブリ君のファイトをたたえ、刺身、ブリしゃぶ、カマの塩焼き、アラ炊きとにかく骨の髄まで多くの友人知人に楽しんでもらえました。
ちなみにタックルはザウルス7,6FT デッキスティック、ステラ4000に16ポンドライン、ルアーは前回紹介しているポッパーでした。

熊野灘のトップでブリはまだしばらくは楽しめます。挑戦してみませんか!

おやじこと浜松 光

ガイド:浜松 光(はままつ ひかる)

かつて、かの文豪(故)開高健氏にワームの達人とまで言わせた、スポーツワールドご意見番。紀伊半島のゲームフィッシングに精通し、熊野川のノボリ&シーバスガイドと熊野灘のソルトウォーターフィッシングガイドを担当する。また熊野古道語り部ガイドとしても活動し、総合的なアウトドア活動を皆様にプロデュースしている。

バックナンバー