It's a SportsWorld

七色ダムも負けてません!!

池原、七色ともノボリは絶好調です

今年も早いもので3月になり 池原ダム、七色ダムともノボリが解禁になりました。池原ダムでは一日で12本、そのうち47センチが2本と、今年は絶好調のようです。ノボリのレイクトローリングといえば、池原ダムや坂本ダムの印象が強いかも知れませんが、七色ダムでも、もちろんノボリがいます。
毎年、必ず七色ダムでレイクトローリングをするのですが、正直小さいのしかまだ釣っていません。今年こそは、でかいのを!!と期待しながら3月9日に七色ダムでレイクトローリングをやってきました。

まずは、弊社の桟橋から下流を、岸際を2色のスプーン、その反対は3色のミノーで流し始めました。去年は桟橋から少し下流で、小さいながらもノボリを釣っているので、今年もとりあえず釣れてくれるだろうと、軽い気持ちでいたのですが、一向にアタリがありません。桟橋から立ち入り禁止区域までの区間を、2往復したのですがノーバイト。さらに、両側を1色ずつ深くして、再度同じポイントを1往復流しますが、結局ノーバイト。

20cmのノボリ。坊主がなくなり一安心これはまずいと七色ダムで一番実績の高い、大又の合流付近にポイントを移動しました。最初と同様に2色と3色で流し始めました。大又を上流に向かって右岸から、流し始め、最初の大きな岬で左岸に大きくターンして、しばらくすると、スプーンが着いているほうのリールが「ジー」と鳴りました。待望のァーストヒットは20センチのきれいなノボリです。とりあえず、坊主はなくなったので一安心。

まだくるぞと信じながら、合流付近を流し続けました。そして、ファーストヒットがあった場所の近くで、今度はミノーがついているほうのリールが「ジー」と鳴りました。ロッドを立てると、手応えは十分。慎重に寄せてくると30センチぐらいのきれいなノボリが見えてきました。七色ダムでこのサイズは釣ったことがなかったので慎重になりすぎたのか、あと一歩の所で痛恨のバラシ。思わず「クッソー」と叫んでしまいました。

しかし、ちゃんと良型もいると確信が持てたので、気合を入れ直し、今度は、さらに上流に流しながら上がっていきました。そして、レンタルボートNANAIROを過ぎた、一つ目の右カーブを曲がり上流を見ると、流木がいっぱいでこれ以上上流にいけそそうにありません。仕方なくターンして、今度は下流に向かって流し始めました。

しばらくした所で、スプーンが着いてるほうのリールが「ジー」と激しく音を経てました。

見事自己記録更新の48cmロッドもかなり曲がっています。慌ててロッドを立てると、今までにない重量感、そして、ロッドが絞りこまれるぐらいの強い引き、すぐに大物と確信しました。ゆっくりと慎重に引き寄せてくるのですが、なかなか姿を現しません。ようやく姿が現れると、40センチ、いや45センチは軽く超えていそうです!!もう取り込むのに必死です。魚が大きくなると、抜き上げる訳にもいかずネットを使うのですが、ロッドは10ftと長く、しかも一人となるとかなり取り込みづらいです。何度も失敗しながらもガッチリフッキングしていたので無事取り込みに成功しました。

今度は思わずガッツポーズをしてしまいました。こんな魚を釣っちゃうと、もうお腹いっぱいです。すぐに釣りを止め桟橋に戻りました。計測すると48センチ。見事自己記録更新です。

結局3匹でその他にアタリらしいアタリはありませんでしたが、七色のポテンシャルは十分だと思います。しかも、トローリングしていない所がまだまだいっぱいあるので、予期せぬ大物が釣れるかも分かりません!!
池原ダムに数こそ劣りますが、サイズは負けていません。池原、七色ともノボリは絶好調です。みなさん今来るしかないですよ!!

そして、ノボリにはさらに楽しみがもう一つ!!食べても美味しいのです。夕食にはノボリの刺身と、ムニエルが豪華に並びました。シーズンは始まったばかり、みなさんんも一度挑戦してみては!?


バックナンバー