It's a SportsWorld

熊野川のシーバスは濁りがお好き

オヤジが75センチのシーバス

しっかりした雨が多い今日この頃。皆さん釣りしていますか。
先日も大雨で熊野川は大増水。そんな中、組長こと藤原君が久しぶりに熊野川に釣りに下りてきた。狙いは熊野川の主サツキマスことノボリだ。
でも、この濁りではポイントは大きく限られるが、この状況ならではのとっておきのポイントがあり、迷うことなくボートを走らせた。

組長も思わずにっこりのシーバス濁りと清流の境目で狙いどうりのノボリならぬシーバスがチェイス。70センチオーバーのシーバスに組長、思わずニコリ。下流で釣っていた地元の平野さんも80センチをゲット。
ラストはオヤジが締めて75センチのプリプリシーバスで締めくくり。
ノボリのチェイスも何度かあったので、ノボリもしばらく行けそうだ。そして、大雨後の濁りはシーバスのチャンス。
熊野川のシーバスは濁りがお好きのようだ。
ヒットポイントは企業秘密。皆さんのガイド依頼お待ちしています。

このクラスが熊野川シーバスのレギュラーサイズ。
こんな巨大なウグイがしばしの楽しみをくれる。


バックナンバー