池原ダム・七色ダム釣果情報

[池原ダム]:ボイル撃ち!

2017年 05月 19日(金)
快晴
気温:28.0 ℃
水温:18.0 ℃ / 水位: -22.0 m
前鬼筋:ささ濁り
北山川(白川筋)本流域:ささ濁り
東ノ川(坂本筋)本流域:クリアー
備後筋:クリアー



 ボイルとナブラとライズの線引きっていったいどこ?

 一般的に、バスやトラウトなどが小魚を捕食する際水面を割って飛び出すさまをボイルと呼び、海でカツオや青物などがこれまた水面で小魚を捕食するさまをナブラと呼び、トラウトなどが水面の昆虫などを捕食するさまをライズと呼んでいます。
 いろいろと調べてみましたが、明確な線引きはなさそうでそのシュチュエーションごとで呼ばれているみたいですね^^;)

 さてそんな、水面を割って捕食するバスやトラウトも多くなってきた今日この頃。Kさんが、トップウォータービルダーのNさんを連れて、トップのみでの釣行♪

 前日は、Kさんがボイルを発見し、ミノーでボイル撃ち!池原ダムのボイル=サツキマスと思い込んでいるので、ヒットしたバスに、なぁ〜んだバスか!ってな感じ^^;)でも、40アップのバスなので、おぉ〜バスや!と再認識^^)

 今日は、Nさんがこれまたボイル撃ちで49cmのナイスバスをキャッチ♪さすがにトップでです♪

 まあ、普通に、ネコリグなどを沈めると数はよく釣れてきていますが、正直サイズは選べない。ここにきて湖のあちこちでボイルが多くあるので、ボイル撃ちすると、結構な確率でバスが付いています♪
 しかも、ボイルバスはアフターの回復組なので、コンディションもよくサイズも比較的良型が多いです♪

 ボイルはどこでいつおきるかわからないので、すぐに投げられるように、ボイル撃ち用のタックルを1本セットしておいた方がいいですかね^^)♪

 ※休業日のお知らせ
 5月22日は臨時休業とさせていただきます。
■釣果情報画像A
スポーツワールド
■釣果情報画像B
スポーツワールド

バックナンバー 管理メニュー